改正省エネ法支援サービスについて

改正省エネ法の罰則規定はご存じですか?

今回の改正省エネ法(平成22年4月施行)により、企業全体のエネルギー使用量が1,500kl/年以上 の事業者が対象となります。新たに対象となる事業者の数は14,000社以上ともいわれてますが、御 社は大丈夫ですか?知らないうちに御社も規制対象事業者になってませんか?

【改正省エネ法の罰則規定】
・エネルギー使用状況届出書(未提出の場合、虚偽の届出をした場合) 50万円以下の罰金
・定期報告書、中長期計画書(未提出の場合、虚偽の届出をした場合) 50万円以下の罰金
・エネルギー管理統括者、エネルギー管理企画推進者、エネルギー管理者、エネルギー管理員(未提出の場合、虚偽の届出をした場合) 20万円以下の過料(未選任の場合)           100万円以下の罰金

罰金以外の罰則として、エネルギー合理化計画の作成指示・企業名の公表・各種書類の提出命令等が課せられます。

【参考】改正省エネ法で事業者がおこなうこと
STEP1 事業者全体でのエネルギー使用量の把握
STEP2 エネルギー使用状況届出書の提出(毎年度5月末まで、平成22年度は7月末日まで)
STEP3 特定事業者または特定連鎖化事業者の指定
STEP4 エネルギー管理統括者等の選任(選任後の最初の7月末日まで)
STEP5 事業者単位でのエネルギー管理の実施
STEP6 中長期計画書・定期報告書の提出(毎年度7月末まで、平成22年度は11月末日まで)

参考資料:経済産業省 資源エネルギー庁

平成22年4月より施行された温暖化対策関連条例でもある東京都環境確保条例では、企業全体のエ ネルギー使用量が1,500/kl/年以上の大規模事業所を対象にしておりますが、1,500/kl/年未満の中小 規模事業所でも支援を受けられるメリットがあります。

参考資料:東京都環境局

ご案内を希望される方は、下記の各リンク先にあるPDFを印刷、ご記入し、
当事務局まで郵送またはFAXにてお送りください。

PDF お問い合せシート(PDF)

PDF (PDFデータ)はリンクを右クリックして [ 対象をファイルに保存 ] を
クリックしダウンロードをおこなってから開いてください。

会員ログイン

省エネ環境診断士養成講座はコチラ

e-ラーニング教材デモ

改正省エネ法支援サービス

会員紹介

会員について

受講者の声

お問合せ

資料請求

Amebablog 当機構ブログ

株式会社早稲田環境研究所

株式会社シンクプロジェクト

一般社団法人 ひきこもり支援相談士認定協議会

MAINICHI教育eタウン

QEST 省エネ環境推進機構は、安心して人と関わることのできるスタッフのいる組織を認定する、Qマークの使用資格を取得しました。